株式会社アイズ・ソフトウェア

/~eyes-software-co-jp/A1A2
お問い合わせ |  情報セキュリティへの取組について情報セキュリティ方針個人情報保護方針) |  ブログ

Event 社内イベント

祝創立10周年!!

 7月3日、アイズ・ソフトウェアは10回目の創立記念日を迎えました。
 また7月10日には設立当初から今までにお世話になっている方々をお客様に迎え、ささやかながら記念食事会を開きました。

 以下、当社社長からの挨拶です。

創立記念食事会

<<10周年を迎えて:ご挨拶>>

 株式会社アイズ・ソフトウェアは、2017年7月3日をもちまして設立10周年を迎えることができました。
この節目を迎えることができましたのも、皆様からのご支援の賜物であり、改めて深く感謝申し上げます。
 思い起こせば10年以上前、会社をつくると決めてまず作ったものが、「設立目的」を展開したマインドマップです。
これには、以下のような記載がありました。
「技術者が真に技術力を発揮できる場所」
「技術力で社会に貢献できる会社」
「先端の技術をいち早く万人に届けられる会社」
あまり意識してはいなかったのですが、驚いたことに、今現在、少しもブレていませんでした。弊社は今もこれを目的として存在しています。
 会社を設立するにあたっては、定款、設立趣意書、株主名簿、株主総会議事録等々、全てを自力で作成し、公証役場や法務局まで行って、自分で会社登記を行いました。見たこともない書類や行ったこともない場所、場違いな自分も意識しながら、自分では出来ないと思い込んでいた会社登記も、「なんだ、やれば出来るんだ」と志を確認したことを今も覚えています。
この時の気持ちが、弊社のチャレンジする精神のルーツになっているのかもしれません。
 設立したはいいものの、当時は苦難の連続でした。米国のサブプライムローンが破たんしたり、リーマンショックだったりと、世界経済の変動のあおりをうけたのです。ほとんど仕事も無く、生活費を稼ぐために最低賃金ギリギリのアルバイトをしたこともありました。
お仕事をさせて頂いた際には、うれしくて、楽しくてしょうがなかったことを思い出します。そんな気持ちが表に出てしまったのかもしれませんが、リピートでお仕事が入るようになり、お付き合いのある方からお声かけ頂いたりして、少しずつお仕事も増え、社員も増えてきました。
 苦しい時にあっても、心掛けてきたことは、ほんのささいな、以下に記載したようなことだけです。
・変化することを恐れないこと。
・リスクを取りチャレンジすること。
・当たり前のことを当たり前にやること。
・善いと思うことをやり、悪いと思うことをしないこと。
たったそれだけのことでした。
人は縁を呼び、縁は人を呼ぶ。
振り返ってみると、調子の良いときも、悪いときもありました。苦しい時にそれを乗り越えて存続できたのも、社員の皆さん、お客様、お取引先のみなさまのお陰に他なりません。
いつの間にか、いろいろな人の縁にお世話になり、支えられて、続けてくることができました。
 これから永続できる企業であり続けるためにも、社員一同今まで以上に努力・精進し、お客様に、そして世の中に、価値あるモノを生み出し続けていきたいと思っております。
引き続きご指導・ご鞭撻の程何卒宜しくお願いいたします。

2017年7月3日
株式会社アイズ・ソフトウェア
代表取締役社長 長谷川智之

≪ 2016年社員旅行【軽井沢】  |